B型肝炎の要因

B型肝炎とはB型肝炎ウイルスの感染によって引き起こされる肝炎のことを言います。
肝炎ウイルスには他にA型、C型、D型、E型などがあります。
A型やE型肝炎ウイルスは主に水や食べ物を介して感染するのに対し、B型やC型、D型肝炎ウイルスは主に血液や体液を介して感染します。
そして肝臓の炎症を引き起こす病気です。

B型肝炎の感染経路のうち、多くを占めていたのは垂直感染と呼ばれる母子感染でしたが、ワクチン接種が始まったことによりその数はほとんどと言っていいほどなくなりました。
研究や対策が進んだことで輸血や医療行為を介した感染もほぼなくなっています。

健康な成人がB型肝炎ウイルスに感染した場合、その成人の免疫機能が正常であれば、ほとんどのケースで急性肝炎にはなるものの、慢性化することなく治癒できます。
しかし、慢性化しやすいタイプのB型肝炎ウイルスもありますので、疑わしい症状がある場合は、早期に病院に行って診断を受ける必要があります。
このウイルスの感染経路としては性的な接触による感染が増加しています。

肝炎ウイルスに関しては、その感染経路を理解して対応策を取ることで感染のリスクをかなり減らすことができます。
B型肝炎ウイルスは、血液や体液を介して感染するわけですから、予防は比較的簡単です。
母子感染の対策は医療機関によって十分にとられていますし、注射針の使いまわしや不特定多数の相手との性的接触を避けることで、感染の危険性はほとんどなくなります。
今回はB型肝炎の感染経路や症状、予防法について紹介します。

Copyright © 2014 B型肝炎の感染経路 All Rights Reserved.